David Allen氏が提唱している「2分ルール」

1: 頼めそうなことは何なのかを知ろう

トイレ、食事、睡眠といった例外を除き、ほとんどのことは他人に委譲できるもの。著書『Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity(邦題・はじめてのGTD ストレスフリーの整理術)』でDavid Allen氏が提唱している「2分ルール」がオススメ。2分以内でできることは自分でやり、それ以上かかりそうなものは、他人に依頼するというものです。

2: 頼む方法を知ろう

著書『The 7 Habits of Highly Effective People: Powerful Lessons in Personal Change(邦題・7つの習慣―成功には原則があった!)』で、Stephen Covey氏は「Stewardship Delegation」について説いている。これは、依頼にあたっての決まりや、求める成果を依頼先にきちんと伝える、というもの。自分でやってみるのと同じように、プロセスや詳細を整理することがポイントです。スムーズにこのやりとりをするためには、依頼する側が鍛錬し、信頼を得ることが必要になります。

3: 実際に頼んでみよう

実際に他人に何かを頼むと、最悪の場合、何が起こるうるでしょうか? まず考えられるのが、相手から断られること。しかし、別の人に頼めば解決するので、これはたいしたことではありません。では、依頼先が、間違ったことをしてしまう場合はどうでしょうか?

このような場面こそ、自分の頼み方を見直し、進歩させるチャンス。タスクは十分に定義していたか? タスク遂行に役立つ情報やアドバイスを与えていたか? を振り返ってみましょう。くれぐれも、うまくいかなかったとして、それを相手のせいだと決め付けないこと。少なくともそのうちの一部は、依頼する側にも原因があるのです。











自称「頼み下手」の開発者が綴る、頼み上手になるための基本3ステップ : ライフハッカー[日本版]




出典:http://www.lifehacker.jp/2010/10/101027delegation_tip.html

David Allen氏が提唱している「2分ルール」の関連ワード:[lifehack]